関東屈指のパンチャーへの挑戦

日々のサイクリングや出来事など、気ままに呟いていきます

フルクラム レーシングクアトロカーボン インプレ

皆さんこんばんは。
ブログ更新は1ヶ月ぶりくらいになりますが、表題にある通り

【フルクラム レーシングクアトロ カーボン】
※以下「クアトロ」と省略

について自分なりにどういったホイールなのか?について書いていこうかと思います。

まずはこちらがクアトロを履いた私の愛車です。

f:id:daiji0074:20190304010554j:plain

やっとエアロバイクにリムハイトのあるホイールを普段使いするようになってしまった。

以前までレーシングゼロ コンペティツィオーネを使用していたので、それと比べて考察してしみようと思います。

【平坦】
やはり40㎜のリムハイトのおかげで単独巡航はとても楽です。レーゼロでは速いスピードで巡航しようとすればエアロバイクのフレーム自体で伸びますが、ホイールの伸びは正直いまいちでした。しかしクアトロでは速いスピードで巡航しても素直に進んでくれるとても平坦が得意なホイールなんだなと感じました。普段のライドでも平均スピードが普段より上がるほど空力によるアドバンテージは高いです。

【剛性面】
ここはやはりレーゼロが一枚上手ですね。
ダンシングして踏んでみれば素人でもすぐ分かるレベルでホイールのたわみ方が違いました。それにリムとブレーキシューのクリアランスは十分なはずなのにダンシングするとシュルシュル擦ってる気がします…笑。しかしそこまで悪くは無いので、しっかり踏んであげれば加速してくれます。

【登坂】
登坂は正直どちらも変わらないと思いました。むしろクアトロの方が私は登りやすいです。レーゼロは100%踏んだら100返ってくるとしたら、クアトロは100%踏んだら95返ってくるイメージです。
レーゼロの方が良いじゃん!と思いますが、クアトロだと貯めて走れる感覚があります。ダンシングして踏んだ感覚も良いです。
ここはおそらく人の好みだと思いますので気になれば試してみてください。
ちなみにレーゼロカーボンやスピード40Tなんかと比べたら、もうクアトロは頭があがりません!笑。

【下り】
下りはCULTベアリングを搭載したレーゼロよりも速いと思いました。
自分なりに考えてみると、

①リムハイトが効いている
②AC3のおかげでアルミリムよりもブレーキがしやすい
③コンチネンタル 5000との相性がとても良い

いまのところこの3つしか思い浮かばないですが、下りが速いのは確かです!

【最後に】
クアトロはそこまで高価ではなくクリンチャーでとても扱いやすいので、雑に言ってしまえば「雑に扱える」。綺麗に言うと「汎用性の高いホイール」です。
練習用ホイールとしては充分役目を果たしてくれます。


参考にならないかもしれませんが、「こういうホイールなのか」っていうのを想像だけしてもらえれば充分です。