関東屈指のパンチャーへの挑戦

日々のサイクリングや出来事など、気ままに呟いていきます

JBCF宇都宮ロードレース E2惨敗 ネタ探しに困る💦

こんばんは。
西日本ロードクラシック以来のブログ更新になります。

f:id:daiji0074:20190511211701j:plain

5/11にJBCF宇都宮ロードレースが開催されました。
そして表題にある通り、、、

61名中26位

と惨敗しました。

コースは1周6,7㎞を4周
レイアウトは登って下って平坦こなして登って下ってまた登ってゴールという、あまり得意なコースとは言えなかった。

会場には6:30に到着し受付済ませる。
そのあとは色々まったりしながらレース会場で毎回会う色んな知り合いと近況報告のような話をする。

近況報告とはいえ、洗車するときにワコーズ使ってるよ!とか、チェーンオイルは「ナスカルブ」ってやつ使ってる!等々たわいもない内容笑。
なかには1年ぶりくらいに会う方もいたが、なんとか記憶にとどまっていた。

E3スタート後、自分は検車を済ませ自転車を置き待機。チームメイトもE2クラスに2名出走しなかでもジョンさんは優勝候補の一角でもあるのでレース中に何かできればと思い、いよいよスタートラインに立つ。

9:55定刻通りにスタートされた。最初はローリングスタートと聞くが、そもそもローリングスタートとは何か?というほど荒れていた気がする。

調べたところ

ローリングスタートとは、スタート時刻の合図と共に一定の速度を保った状態で集団走行し、コース上で再度本スタートの指示を行うものとする。参加選手は、集団走行中に他の選手を追い抜いたり、故意の加減速を行ったりしてはならない。

引用先→http://www.bikenavi.net/race/regulation.html

『焦らずいこうねー!』『E3のにのまえにならないように注意しようね』などなど注意がけるのはとても良いことだしむしろ自分から声をかけていくことに自分は敬意を払うが、それを無視して前に無理やりいこうとするからローリングスタートで落車が高確率でおこるのはありえる話。
この場面ではとても失望の色を隠せない。

平坦区間ローリングスタートが解除された途端にアタック合戦が始まった。自分はアタックが止み終わるまで集団前方で様子見。
残り2㎞の登りで先頭に躍り出てペースをあげながら走るが、正直この変できつさを感じた。
色々な要因が重なってということもあったがこれが今の実力なのでまぁ仕方ない。と思いいけるところまで走る。

登り終わって下りきって右に曲がるところでなんと、自分のラインの目の前で落車がァァァΣ(゜Д゜)
危機一髪で逃れたがぶつからなくて良かった。ぶつかってしまってはもっと悲惨な事になってしまいますからね。

ようやく1周目終了。ここから登りでアタックがかなりかけられる展開になる。。。

2周目はアタックが何回もかけられ着いていくが、3周目で遂に千切れそこらか完全に練習モードにスイッチした。

終わってみたらジョンさんがなんと2位!
凄い!!!

だがしかし自分は悲惨な結果で終わってしまった。
なんでこんなに今日は踏めないんだろうっていうほど心拍が追い付かなくなり、あまりにも調子の悪さに大分ショックがでかかった。
こんなバッドデイもあるとは思うが、切り替えようとしてもとても悔しい。

はぁ😵💨と
惨敗じゃなんもネタがないじゃん、、、どうしようと思いちょうど駐車場の近くに登りがいのある登りがあったのでレース終わりとはいえ、そこの登りで練習しました笑。

500㍍くらいかな、勾配もなかなかキツイ。パワーも出ない。やっぱり今日はバッドデイだ!と開き直るwww

練習終わってレース観戦してた最中に通りすがった知り合いに「あの坂でなにしてたんですか!?笑」と聞かれたので「練習してたんだよ」と素直に返答しゲラゲラ笑われる始末。まぁそりゃそうだ。

けどこういうささいなことでもしないと落ち着けなかったので練習しました笑。

その後E1のレースではなんとチームリーダーでもある岩島さんが5人の逃げ集団にのっていて写真を色んなポイントで撮りました。

結果は4位ではあったものの、とても良いレースを見させて頂きました。

と、まぁ本日はつまらないような記事ではありましたがここまでお読み頂きありがとうございます。

本日以降は関東でやるJBCFのレースはほぼ無いので
しばらくレースお休みになりますかね。